【東北地方太平洋沖地震のお見舞い】

東北地方太平洋沖地震により被災されたすべての方々に心からお見舞い申し上げますとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げますと共に、海外に居住する日本人として、「今、できる限りのことを、精一杯やる」ことをモットーに、微力ではありますが、被災地の復興支援に努める所存です。

2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニューヨーク旅行記 後編 (○○円の高級ジュエリー!?)

前回に続いて刺激溢れる魅惑の街ニューヨークをご案内しましょう。

web-pc.jpg


やはりどこに行ってもショッピングは女性の楽しみですよね。
私が向かったのは、ニューヨーク5番街の顔ともいえる
高級デパートのバーグドルフ・グッドマン

ここは、ジュエリー、コスメ、ファッションなど全てが豪華な品揃えで、
ニューヨークのセレバティ御用達のお店としても、とても有名です。
私はこのバーグドルフ・グッドマンが大好きで、ニューヨークに訪れた際には
必ず立ち寄るようにしています。

web-pc.jpg


中でも私が気になるのは、やはりジュエリー・コーナー
このデパートでは、普段ではあまりお見かけしないような
カシミアサファイアといったような珍しい宝石も取り扱っているので、
ニューヨークのジュエリートレンドをつかむためには格好の場所なのです。

今回も素敵な商品を見ながら、ショーケースの前をうろうろしていると
「Would you like to try it on?(試しにつけてみますか?)」
と店員の方に声を掛けられました。

せっかくの機会なので、自分の気に入ったジュエリーを身に付けてみようと
いろいろと商品を吟味していると、ちょうど私の反対側のショーケースに
他の商品とは輝きが一段と違ったネックレスに目が留まりました。

店員にそのネックレスを付けさせてほしいという旨を伝え、商品を持ってきてもらい
そのダイヤモンドがちりばめられた光り輝くネックレスを自分の首にかけ、
何気なく、このネックレスの値段を聞いてびっくり!!

なんとこのネックレス、$5ミリオン(5億円以上)すると言うのです!

さすがに驚き、商品を恐る恐る店員の方にお戻ししました・・・。
刺激溢れるニューヨークで、この5億円もするネックレスを実際に
肌につけてみたことが、何よりもエキサイティングな出来事だったように思います。

Love, Yoshi




banner_02.gif←クリックして頂けると励みになります!





スポンサーサイト

| ニューヨーク旅行記 | 10:31 | comments:33 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニューヨーク旅行記 前編 (マンダリンホテルのブレックファースト)

これから夏に向けて、海外旅行を予定している方も多いと思います。
今日は私が今までに訪れて素敵だなと感じたスポットをご紹介しましょう。
今回はニューヨークについて・・・

web-pc.jpg


ニューヨークは若いデザイナーやアーティストが多く集まり、
通りを歩いている人もとてもお洒落な方が多いです。
何度も訪れているのに、新しいお店がどんどん出店していて、
来るたびにいつも変わっているので、
とても刺激的で、私は大好きです。
私にとってエネルギーをもらえる場所といったところでしょうか。

そんなニューヨークで今一番ホットなエリアといわれるミートパッキングという
地区があるのですが、今回初めてその地区を訪れました。
ミートパッキング地区はその名のとおり、昔は精肉工場が立ち並び、
周辺には精肉業者やその運搬の為の大きなトラックが行き交うエリアでしたが、
今は最先端を行くおしゃれなブティックやホテル、
レストランなどがどんどん増えてニューヨークでもファッショナブルな
場所のひとつとなりました。

この地域の老舗、セレクトショップのジェフリー(Jeffrey)は私の一番のお薦めです。
こちらは元バーニーズ・ニューヨークのバイヤーの人が開いたショップで、
ヨーロッパ系のブランドや、コスメのコーナーが充実しており、
思わず時間を忘れてしまうほど店内の様子に見入ってしまいました。

その他のエリアでは、フィフス・アベニューの57丁目にある
老舗高級ファッションデパート、バーグドルフ・グッドマン(Bergdorf Goodman)
他のデパートとは一味違い、落ち着いた雰囲気で素敵でした。
(バーグドルフ・グッドマンは次回の後編でお話しましょう)

web-pc.jpg


旅行の醍醐味は、ショッピング以外にお食事がありますよね。
今回のNYで一番のサプライズは、少し早めに起床した日の事で、
朝食を食べようと、セントラルパークの南東にあるコロンバスサークルに隣接する
マンダリンオリエンタルホテルへ向かった朝の出来事です。
一応電話をして向かったのですが、それが正解で、なんと、ブレックファーストでも、
リザベーションが必要だったのです。少し驚いてしまいました。

セントラルパークを見下ろせる、絶景の眺めの席をご案内していただき、
そこで私は大好物のエッグホワイトオムレツ(卵の黄身を使わず白身だけを使って作ったオムレツ)を堪能しました。
景色もサービスもとても素晴らしく、また是非訪れたいと思わせるホテルだったので
皆様も機会があれば訪れてみては如何ですか?





banner_02.gif←クリックして頂けると励みになります!




| ニューヨーク旅行記 | 01:38 | comments:527 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トランクショーに行って参りました。

先日サンタモニカから車で15分ぐらいのところにある
Century City(センチュリーシティー)の高層ビルの
ペントハウスでトランクショーがあるというのでお友達と一緒に行ってきました。
トランクショーというのは色々なジャンルのデザイナー、アーティストが集まり、
自分たちの作品を持ち寄って販売するグループ展のようなものです。

web-pc.jpg

こんな見晴らしの良いペントハウスの住人が
今回のためにご好意でプライベートスペースを提供してくださいました。
かなり広いお部屋ですが、広範囲に宣伝するわけではなく、
友人その他関係者だけが特別に招待されました。

web-pc.jpg

このトランクショーでは、普段、フレッドシーガルニーマンマーカスなどの高級店舗で自分の作品を販売しているアーティストやデザイナー達が集まり、ジュエリー、ベルト、カバンなど、店頭に置く前の新作や1点ものなどレベルの高い商品が出品されていました。

特に、カラフルでスパンコールがキラキラしているスリッパは人気で、
私もついついひとつ買ってしまおうか迷ってしまったほどです。

web-pc.jpg

ここに訪れた人は、ショッピングを楽しみながら、
高層階からの景色を眺め、用意されていたチーズやクラッカーなどの
アペタイザーを頂き、とても優雅な時間を過ごすことができました。
トランクショーの魅力は通常のお店での販売とは違い、
デザイナーやアーティストの方たちと商品について
ゆっくり会話を楽しみながら、ショッピングをエンジョイできるところです。

私は今回のようなトランクショーだけでなく、いろいろな場所へ赴き、
いろいろなジャンルのアーティストの作品を数多く見るようにしています。
それはどんなものを見ても、ジュエリーのお仕事に活用できるヒントや
アイディアを得ることができると思っているからです。
そのように、アクティブに外にでることでトレンドや、
お客様の興味のコンテンツやキーワードが見えてくるように思います。
自分が創るジュエリーには、自分の想いもたくさん込めますが、
それと同時に私のジュエリーを身につけて喜んで下さる姿
思い描きながら創っているのです。

web-pc.jpg

今回のトランクショーに参加した方々が
このような空間でゆっくりショッピングを楽しんでいる様子を見て、
私もいつかこのような機会を日本でつくりたいなと思いました。
こんな素敵なイベントを開くのにどこか良いスペースはないかしら・・・?





banner_02.gif←クリックして頂けると励みになります!




| サンタモニカの日常 | 09:44 | comments:46 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7月の誕生石 【ルビー】

6月もあとわずか・・・
ここサンタモニカでは日中は暑く、日差しが眩しいためサングラスが手放せませんが、
朝夕は逆にちょっと肌寒い感じがします。
7月初旬に日本へ参りますが、日本は梅雨真っ最中ですね・・・。


web-pc.jpg

もうすぐ7月なので、今日は7月の誕生石についてお話しましょう。
夏は涼しげな透明感のあるブルー系やホワイト系のジュエリーが多く店頭に並び、
雑誌を賑わせますが、実は7月の誕生石は赤い色・・・
“King of Gem(宝石の王様)”とも呼ばれるルビーです。
ラテン語でRuber(Red)、結婚40周年の石とも言われています。

ルビーはコランダムという鉱物の一種で、色によって宝石としての
名称が変わってくるのです。例えば、赤色のコランダムはルビー、
青色のコランダムはサファイアと呼ばれます。

web-pc.jpg

上の写真のルビーは、先日、ラスベガスのジュエリーショーで入手した
スタールビーというものですが、光をあてると、6条の光の筋が中に見えます。

web-pc.jpg

今このスタールビーを使って、素敵なアクセサリーを制作中ですので、
楽しみにしていてくださいね。

私は、どの石にも特別な“パワー”があると思っています。
特に、「誕生石」としてセレクトされている石は古代から「お守り」として、
またその人の潜在能力を引き出してくれる宝石として、
広く世間に伝えられてきたという歴史があります。

例えば、ルビーは古代から「炎」を連想させる赤い色であることから、「情熱」や「闘争心」を高めると言われ、ローマ神話では兵士を鼓舞するためのお守りとして用いられていました。また、古代エジプトでは、ルビーは優雅さや気品を強める石とされ、美的な効能も伝えられています。

ルビーにまつわる話はこの他にもたくさんありますが、やはり一貫して言えるのは石には“パワー”があるということなのです。

一般的に「赤」という色はそもそも、“元気”を与えてくれる色。
存在感の強いルビーは、シンプルに、且つ少しだけ個性を出して
身につけるとお洒落だと思います。





banner_02.gif←クリックして頂けると励みになります!




| 誕生石のお話 | 02:32 | comments:208 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。